チャレンジして成長したい人のための

【図解・動画あり】トランポリンでバク転のコツを掴もう【筋トレよりもストレッチ】

トランポリンでバク転
スポンサーリンク

 

図解トランポリン第7回で、バク転をご紹介しようと思います。ここまでくると、もはや脱・初心者シリーズとは言えない雰囲気が漂ってきますね。

 

バク転の初心者にとって床の上でのバク転は、「手の振り方」だったり「脚の蹴り方」だったり「跳ぶ方向」だったり、いろいろ難しいポイントがあります。

 

トランポリンだと、とりあえず脚力が必要なくなるので他の動作に集中して練習ができます。あと、硬い床でやるよりはトランポリンの方が安全かとも思います。

 

なので、トランポリンができる環境があれば、積極的に活用してバク転を習得していきましょう!

 

かっこいいアクロバットの基本!

トランポリンらしくバク宙などの宙返りの練習をしても良いのかもしれませんが、多少玄人ちっくなバク転の話です。

トランポリンを目指す人ではなく、器械体操パルクール、フリーランニングなどパフォーマンス系が必要な方の記事になりますかね。

忍者になりたい人も、チアの練習をしたい人もウェルカムです!

 

第1回では安全上のポイントを説明しています。

バク転の練習の前にこちらもご確認ください。

 

バク転とはどんな技?

バク転を知ってる方は多いと思います。ジャニーズタレントならみんなできそうな、アレです。

マット運動の「ハンドスプリング」が前に転回する技だとすると、「バク転」は後ろに転回します。

 

体操競技で言うところの正式名称は、後方倒立回転跳びです。

ちなみにハンドスプリングは、前方倒立回転跳びですね。

 

スポンサーリンク

 

 

バク転のやり方

地上でやる場合、蹴りの強さ・手の突きの強さなどの瞬発力に加えて、背中を反らせる柔軟性も必要となってきます。

が、トランポリンでやる場合は蹴りの強さが不要なので練習はしやすくなると思います。

 

トランポリンの技ではないのでバッヂテストにも出てきません。

ですが、色んなパフォーマンスの基礎なので、パフォーマーの方にとっては必須スキルかも知れませんね。

 

もしバック転を英語サイトで調べたくなったら、“backflip”とか“handspring backward”とかその辺の単語で検索できますよ。

 

 

30代がバク転してる動画です。

 

これまで紹介したトランポリンの技はだいたい真ん中で行ってきましたが、バク転をやる場合は端から端まで動きます。

逆に言うと、真ん中付近から始めて真ん中付近で終わるようなバク転は応用技だと思うので、まずは基本的なバク転を身につけましょう。

バク転は端から

この姿勢のあと、えいっ!と反りながら後ろに飛びます。

度胸というか、勇気も必要かもしれませんね。ビビりながらフニャッとやっても絶対に出来ません。

 

最初はタイミングが分からないかも知れません。

背中が固くて上手くできないかも知れません。

 

でもキレイなバク転ができると、言わずもがなカッコ良いので頑張って練習しましょう。

 

関連記事>>>【酔い注意!?】スキー界のレジェンド!タナー・ホールの鬼空中感覚がヤバい!

 

バク転のコツ・ポイント

イラストだとこんな感じです。キレイなアーチですね!

 

しっかり跳んで、しっかり着手して突きます。最初は、自分が想像している以上に後ろに飛ばないといけないと思います。

きれいなバク転

どれくらい後ろかといいますと、バク転前の構えって、地上で垂直跳びをする時の構えとほぼ同じ姿勢です。

ここから腕を思い切り振ると思いますが、真上に向かって振ると垂直跳びになります。

 

そうではなくて、後ろに反る方向に腕を振っていきます。

トランポリン上だと上の動画にもあるように、腕を思い切り振ったり強く蹴ったりは必要ないですね。

上ではなく後ろへ

そして、後ろに振った腕でそのままトランポリンを突きにいきます。

 

跳ぶのが上過ぎると、手がほとんどベッドに突けずに宙返りのようになってしまいます。

地上でもトランポリンでも同じですが、手でポンっと突かないといけません。

 

足で跳ぶ→手で跳ねる→足で着地 のリズムが、ポン・ポン・ポンという感じです。

リズムも意識しておくと上達が早いかも知れませんね。

 

突けているのと突けていないのの違いは、下の方に動画があるので参照してください。

 

家での練習・自宅トレ

  • ブリッジの練習で、背中の柔軟性を手に入れましょう。
  • 壁倒立をして、手首などの上半身を鍛えましょう。
  • ヨガ(猫のポーズ)なども取り入れてみる

 

継続は力なり、です。毎日、5分でも10分でも続けると良いです。

 

場所と、布団マットがあればこんなこともできるかもしれません。

くれぐれも周りの人やお家の方に迷惑をかけることのないようにしたいですね。

 

バク転ができるようになりたい人は、自宅でも頑張っていらっしゃいます。

 

繰り返しですが、大事なのは肩や背中の柔軟性ですよ〜。

逆立ちも、30秒とか1分とか、できればもうちょっとできるように準備しておきましょう。

 

関連記事>>>パパと娘の危ない遊び【エクストリーム・バランスボール】

 

上手くできない場合は

注意するポイントは主に2つあると思います。

あなたの動画と、この絵を見比べてみてください。

バク転が上手くいかない

跳ぶ前に意識すること

1つ目は、膝が前に出ているところ。

後ろに跳べないのは、つまり足元より膝が前に出ているのだと思います。

トランポリンの反動も得られないと思うので、もっと後ろに跳ぶイメージが必要かも知れません。

 

完璧なブリッジができればすぐ出来るかも

2つ目は、背中の反りが足りないところ。

もっとお腹を上に突きだすようなイメージが必要かも知れませんが、柔軟性がないともちろん出来ません。

キレイなアーチが作れるように、家トレでブリッジを継続してみましょう。

 

失敗するバク転講座!?

こういう事はやらないようにしましょう。参考になる動画です。

 

トランポリンでバク転するポイントまとめ

  • トランポリンの端から端まで移動するイメージで、思いっきり反りながら後ろに跳ぶ
  • その時、膝が前に出ないようにする
  • 美しい背中のアーチ、つまり柔軟性も必要
  • 手でしっかり突いて跳ねましょう

 

関連記事>>>今からでも遅くない!あなたが一歩先を行ける新しいスポーツ10選

 

バク転の練習法と発展技

導入練習

バク転は手の突きが大事ですが、トランポリンを始めたばかりの人は慣れない動きです。

家で逆立ちをやったり、トランポリンでこんな動きを練習しましょう。

 

立つ→逆立ち→立つ→逆立ち→・・・だけで大丈夫です。

 

ちゃんと突けてるバク転

最初に載せた動画と同じですが、ポンと手で跳ねている感がわかりますかね。

分かりずらい場合は、下の動画と見比べてみてください。

 

バク転してたらバク宙になっちゃう

後ろに跳べばバク転ですが、徐々に高く跳ぶとバク宙に近づきます。

動画の後半になるにつれて、手がほとんど触れなくなっていますよね?

そう考えると、バク転とバク宙ってどっちが簡単なのかの境目もよく分からなくなって来ます。

 

バク宙に興味があったらこちらも参考になるかも!

 

 

前方転回←→バク転 連続

これって簡単そうに見えてめちゃくちゃ難しいですよ。身体を上手に使わないと続けられません。

https://twitter.com/noritora/status/990162882699476992

 

 

バク転などの技はやり方によってはとても危ない技ですので試してみて難しそうなら、身近な人にアドバイスをもらうか補助に入ってもらうなどして、怪我には気をつけてください。

 

以上、バク転の練習方法でした。

 

関連記事>>>トランポリンの脱初心者シリーズ

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。