チャレンジして成長したい人のための

【Think!Think!】こうそくトルネード

TurboSpin in Think!Think!
スポンサーリンク

 

思考センス育成教材 Think!Think!(シンクシンク)のゲーム毎のプレイ方法やコツを紹介しています。

 

今回はプレミアムコースでプレイできる こうそくトルネード(高速トルネード) です。

 

こうそくトルネードの概要・やり方

ゲームの内容は、画面の上半分に回転の軸と、その軸の周りを回転する断面(平面)が表示されます。

それだけを見て、回転軸の周りで回転させた後に、どのような立体が完成するかを3択で回答します。

 

高速トルネード1◯が2つのカタチを回転させると、雪だるまみたいな立体ができますね。高速トルネード2答えのカタチが3つとも全然違うかもしれないので、よく見てみましょう!

 

関連記事>>>【図解】体操・トランポリンやフィギュアスケートの「回転」について比較してまとめてみる

 

こうそくトルネードのコツ・攻略のポイント

レベルが上がると、カタチが難しくなっていきます。

円柱や円錐や級だけでなく、それぞれを足したり引いたりしたカタチですね。

幾何学の言葉を使うと、トーラス型(ドーナツのようなカタチ)なんかも出たりします。

高速トルネード3シンプルな円柱。凹みもありません。高速トルネード4片側だけでも、回転させると立派な円錐になります。

turbo-spin Think2app2つの部品から作られる場合もあり

 

 

コツは、回転軸をしっかり見定めるところですかね。

断面で、尖っているなど特徴的なところが、回転しても尖っているのかみたいなポイントは大事そうです。

 

問題で、回転軸に対して左右対称ではない場合、どちらがどちらに吸収され(?)てキレイになくなる、とかもです。

 

そして、3択なので選択肢がそれぞれどう違っているのかも見ておきましょう。

 

ポイントまとめ

  • 回転の特徴について理解する
  • 元のカタチで特徴的なところをよく見てみる
  • 3択の選択肢で、特徴の違いを考えてみる

 

コツは他にもあると思いますので、何度も解いて経験を積み重ねましょう。

 

コラム

シンクシンクにたまに出て来る、3D-CADのプロフェッショナルでも実際に使うような立体問題のゲームです。

もちろん、難しいことは考えずに直感的にわかるような問題もありますので、このゲームで慣れていきましょう。

 

知っているカタチ・シンプルなカタチでも、回転させると意外なカタチになったりもするでしょう。

これも慣れですのでたくさんプレイしていきましょう。

 

プレミアムコースということで本当に大事な大事な、平面図形から立体(回転体)を考える練習が効率良く出来ます。

 

以上、こうそくトルネードの紹介でした。

 

関連記事>>>【花まるラボ】九九を覚えた小学生はYAKUSUアプリで遊びまくろう!

 

Think!Think!アプリは、こちらからダウンロードできます!

 

関連記事>>>Think!Think!紹介記事ゲーム一覧イベント一覧まとめページ

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。