チャレンジして成長したい人のための

うわっ…私の会社、オワコン過ぎ…?今いる会社の未来を見極める方法

会社がオワコンか見極める方法
スポンサーリンク

 

この記事では、あなたが今いる会社が今後もオワコン化(オワコンとは、終わったコンテンツ、つまり斜陽産業のこと)せずに成長していけるかを考えていきます。

 

今いる会社が斜陽産業かな、と感じる人だけでなく、就職活動中の方も一見の価値があると思います。

 

結論的には、オワコンかどうかを見極めるポイントを一言で表すと「自分の商品を持ちましょう」ということですね!

 

関連記事>>>【日本はオワコン?】まだInternetExplorerを使ってるの?

 

就職活動中にも、転職活動中にも!

大学卒業したし就職はしてみたものの、職場の雰囲気が悪かったり、会社と自分の将来についてふと気になる事もあるかもしれません。

一番良いのは、あなたも同僚もイキイキと働けて「自分の生活はスタイリッシュ生活だ!」と実感する状態だと思います。

 

資本主義社会の中でビジネスを行う上で、売り上げや利益を確保することは何よりも重要なことです。

その時、何かの「価値」を創り出して利益を得ていたら健全なのですが、下請け企業をコキ使ったりして、「誰かの苦労」の上に成り立っているのではあまり健全とは言えないと思います。

 

そして、働いている従業員が楽しく働いているかどうかも、これからの時代は重要になってくると思います。

みんなが精神的に消耗して、すり減っていくような状態では、スタイリッシュ生活を送れませんからね。

 

これまでの時代なら、「人と人とをつなぐ仲介業者みたいな会社」があったのですが、これからの時代はどうなのかな?という話からです。

 

個人をつなぐサービス

最近どんどん普及している「個人をつなぐサービス」を適当にリストアップしてみます。

ITリテラシーの高い皆さんが、現に使っているものもあれば、生活スタイルは人それぞれなので使う必要のない方もいると思います。

  • Uber(タクシーで繋ぐ)
  • Uber Eats(デリバリーで繋ぐ)
  • キッズライン(ベビーシッターで繋ぐ)
  • ココナラ(クリエイターで繋ぐ)
  • クラウドソーシング系(仕事で繋ぐ)
  • 民泊・Airbnb(ホテルで繋ぐ)
  • メルカリ・CASHなど(中古品売買で繋ぐ)
  • note(出版で繋ぐ)
  • フリースペース検索(会議室で繋ぐ)
  • polca(祝い金など、相互補助で繋ぐ)

 

こんなのもあった!

 

まだまだ沢山あるとは思いますが、キリがなさそう。

共通点は何かというと、どれもモノづくりはしていないのですが、でもユーザーの役に立っていて、それはつまり価値を生み出していることだと思います。

 

個人が活躍できる時代なので、例えば優秀なデザイナーライターはツイッターですでに有名になった人を見つけられます。

有名な人は、特に下手(したて)に出て営業しなくても多くの人の目に入ってきます。

加えて、その有名なデザイナーに仕事を依頼する側は、仕事を依頼するだけで宣伝になったり、デザイナー側のフォロワーへの販路もある程度 確保できる可能性も含んでおり、上手く使えば良いことづくめに見えます。

 

流行っている・普及している理由

上に挙げたもの以外でも、今後もどんどんサービスが出てくるものと考えられます。

 

個人と個人がお互いに評価し合う仕組みが出来上がっているので、自然淘汰という素晴らしい原理が働くこともポイントですね。

過度の値下げで消耗するのは避けたいですが、サービスとしては向上して行くはずです。

 

どこかの企業に雇われている場合は、嫌々やらされている可能性もあったり、マニュアルに沿った作業だけだったりと、良いサービスが受けられない可能性もあったはずです。

個人で仕事を受ける人は、自ら望んでやっているので、イキイキとしていてサービスも良かったりするので良いこと尽くしだと思うんです。

 

スポンサーリンク

 

こんなサービスも出てくる?

他には、教育業界、特に学校の先生の負担軽減なども叫ばれていますが、例えば個人の家庭教師マッチングサービスなども考えられます。

というか、現状すでに、あるにはあるみたいですが「スマホで簡単」というレベルには至っていないです。

今後もっと適正化されていくことでしょう。

 

(2018/6/14追記)なんと!キッズラインでは家庭教師としての利用もできるそう、流石ですね!

 

より一層、個人と個人が繋がりやすくなる時代に向かっているということですね。

 

医者の診断などは個人では難しいところですが、薬の処方を遠隔で行うサービスなども条件を限定して試みが行われていそうです。

教師もですが、お医者さんも負担が軽減されると嬉しいですよね。

 

あなたの会社はいかが?

大丈夫そうな会社

長くなりましたが、以上の項目を踏まえると、こんな会社は大丈夫だと言えそうです。

  • オリジナル製品を作ってちゃんと売れている会社
  • 個人では作り出せない重厚長大なモノを作っている会社
  • 新たな価値を生み出し続けている会社
  • 従業員がみんなイキイキしている会社

 

やはりだのテレビだの、量産されているモノを作り出すことって個人ではできません。

これがしっかり出来ている会社は今後も大丈夫な可能性はあります。

 

ただし、大丈夫なのは、手強い海外勢に優っている企業に限定されるということですね。

作っているだけで、ユーザー目線がなかったり、使っていて嬉しくないものは駄目です。

 

そして、多くの企業では自由闊達な議論が出来なかったりと人間関係なども含めて雰囲気が悪かったりもしそうです。

多くの社員がイキイキと働けて、生産性が高いという実感が湧く会社(働いていて楽しい、気持ち良い)は今後も伸びるでしょう。

 

あなたの会社は、どうですか?

 

オワコンな会社

もう大体わかってきたかもしれませんが、こういうことをしている会社は斜陽産業なのであなた自身でなんとかしましょうね。

  • 人と人とをつなぐ会社(出会いや就職を斡旋するだけの会社)
  • 情報やノウハウを販売・転送する会社(個人の方が安くて優良、またはデジタルでやりとりできる)
  • デザイン系(個人の方が安くて優秀、自分の好みに合いやすい)
  • 英会話教室(ビデオ通話で世界中の先生から選べる)
  • モノを横流ししているだけで、価値を作り出していない会社(個人の方が安いし融通がきく)
  • 独自の販売経路など、形のないもので生き延びている会社

 

上で書いたように、個人が活躍するためのサービスはどんどん増えて行くので、これらの代わりをしている企業はまず生き残れないでしょう。

会社が個人を仲介して発生していたマージンは今後、下がる一方なのでそれに頼っていた会社はマズそう。

 

会社を辞めたい人は

会社として逆転できるような、何か新しい価値を生み出せるそうなら、そこに賭けるのも一つかもしれません。

でも、周りが次々に辞め出す前に辞める方が得策だと思いますよ。

残り続けるとどんどん辞めづらくなりますし、残された人たちの職場は雰囲気も最悪でしょうからね。

 

そうなる前に、ピッタリの会社を見つけましょう。難しそうな道のりも、まずは登録からです。

 

結論

ということで、価値を産み出さず、モノを横流ししているだけのようなビジネスは誰でも出来るので、今後は個人が主役になると予想されます。

 

つまり、結局のところ個人であっても会社であっても、自分の商品として価値あるものを作っていれば、価値に応じた適切なお金が入ってくると考えられます。

 

あなたの会社について、この記事を参考に今一度、考えてみましょう。

いったいどんな価値を生み出して、利益をあげているのか、と。

自然と、オワコンな会社かどうかは見えてくると思います。

 

オワコンな会社だとしたら、苦しんでまでしがみつく理由はないので、とっとと次のスタイリッシュな生き方を模索しましょうということですね!

 

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。