チャレンジして成長したい人のための

【Think!Think!】ひとふでイルミネーション

thinkthink_OneWireIllumination
スポンサーリンク

 

思考センス育成教材 Think!Think!(シンクシンク)のゲーム毎のプレイ方法やコツを紹介しています。

今回はプレミアムコースでプレイできる ひとふでイルミネーション です。

 

問題の概要・やり方

ゲームの内容は、画面内の緑色の電源から順番に数値のイルミネーションを通り、一筆で全部のマスを通る問題です。

画面を見るとすぐに分かりますがひとふででんきゅうのルールに加えて、途中で順序が決められているという違いがありますね。

 

数値のマスは途中で通れば良く、必ずしも最後に数値のマスに行かなければならないわけではありません。

 

すぐ上に1のマスがあるのでまずはそちらへ1に惑わされず、最初は上に進みましょうぐるっと回ると行けますね!

 

通る道順は1つとは限らないので余裕のある方は2人いると2つの解き方が見つかるかもしれませんね。

 

操作を間違えた場合は、右上の戻るボタンで最初からやりなおしできますが、 使わなくても自由にタップし直せます。

 

コツ・攻略のポイント

レベルが上がると、マスの数が増えたり、イルミネーションの数値が増えたりで難易度が上がっていきます。

 

1→2→3まで順に通ります2まで通った後は、色々な道順がありそうです

 

コツですが、画面を見た瞬間にゴールが分かる場合があります。

それは、次の画像のように行き止まりがある場合です。

ひとふでイルミネーション_ヒント

 

一筆で、というルールがあるということは、行き止まりの次に行けるマスがないからですね。

 

最初は行き止まりがなくても、解いている途中に行き止まりが出てくる場合もあります。

この時、画面内に行き止まりのマスが2つ以上出てきた場合、その道順は間違っていることも分かります。

 

このテクニックは難しい問題を解いている時はけっこう重要なテクニックかなとも思います。

 

ひとふででんきゅうの難しい問題にチャレンジしたい方は「達成の星バベロン」もやってみましょう。

関連記事>>>達成の星バベロンの解説まとめ【Think!Think!】

 

ポイントまとめ

  • イルミネーションのマスは途中で通れば良い
  • 基本はひとふででんきゅうなのでそれも練習しましょう
  • ゴールがどこかは最初に分かる場合がある

 

コツは他にもあると思いますので、何度も解いて経験を積み重ねましょう。

 

コラム 制約かヒントか

このゲーム、これまでにひとふででんきゅうの問題をたくさんプレイしてきた方なら最初はとてもとっつきやすい問題ですよね。

途中にイルミネーションのマスが追加されていますが、これで難しくなるかと言われると断言はできませんね。

 

自由に考えて解きたい方にとってはルールが追加されて制約となります。

普通のひとふででんきゅうで難しく感じる方にとっては、道順を教えてくれるヒントとなります。

 

プレミアムコースでないとプレイできないので、ひとふででんきゅうが大好きで極めたいと思っている方はコース変更を検討しましょう!

 

以上、ひとふでイルミネーションの紹介でした。

 

Think!Think!アプリは、こちらからダウンロードできます!

 

関連記事>>>Think!Think!紹介記事ゲーム一覧イベント一覧まとめページ

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。