チャレンジして成長したい人のための

【Think!Think!】スクエアパズル

SquarePuzzle in Think!Think!
スポンサーリンク

 

思考センス育成教材 Think!Think!(シンクシンク)のゲーム毎のプレイ方法やコツを紹介しています。

 

今回はスタンダードコースでプレイ可能な スクエアパズル です。

 

問題の概要・やり方

ゲームの内容は、はじめは画面に箱と数字が表示されていて、その中に数字が書かれています。

箱の中は、いろわけブロックなどと同じようにスワイプ操作で色がつけられます。

そして、表示されている数字の分だけマスを色分けしていく問題です。

 

少々分かりにくい説明でしたかね?

図にした方が分かりやすいです。

スクエアパズル0最初んの状態は数字だけスクエアパズル11は1マス、2は2マスと塗り分けますスクエアパズル34になると、1x4の形か、2x2の形の両方が使えます

 

色分けしたマスは再度タップしたり、右上のボタンではじめからやり直せます。

出来るだけ速く色分けしていきましょう!

 

コツ・攻略のポイント

レベルが上がると、箱の範囲が広がり、数字もたくさん出てくるので難易度が上がっていきます

 

下の絵にあるように、4とか12とか、約数が多い数だと何種類かの形があり得ます。しっかり考えていかないと答えを導き出すのが難しいかもしれませんね。

スクエアパズル2

 

12など、突然大きな数字が出てきても、やることは変わりません。12なら例えば3x4とか、2x6とかの範囲を塗っていきましょう。

1x12という、めちゃくちゃ長い問題は、、、出てこないと思いますが。

スクエアパズル4

 

速く解くコツとしては、分かるところから色をつけていけば良いので、例えば形を考える必要もない「」からタップしていっても良いと思います。

 

または、かたづけブロックと似た要素もありそうですが、大きな数字のものから潰していっても良さそうです。

限られたスペースに、大きなものを入れる時は、自ずと場所が決まってくることが多いからです。

細かい1とか2とかは、あとで隙間に詰め込んでいくイメージです。

 

ポイントまとめ

  • 1は縦も横も考えなくて良い
  • 4以上の数字は形も2種類以上ある
  • 間違いなく分かるところから進めていきましょう

 

コツは他にもあると思いますので、何度も解いて経験を積み重ねましょう。

 

コラム 平面のパズルと見せかけて

シンプルなルールだからこそ、人はハマってしまうのかもしれませんね。

パズル好きなので、個人的にはいつまででも遊んでいたいと感じるゲームでした。

 

見た目もカラフルだったり文字がクッキリしていたりして、子供も惹きつけるような魅力があると思いました。

 

上にも書いているように、数字が大きくなって約数の種類が増えていくと向きだけじゃなくて形も変わってきます。

そして、このゲームをずっと続けていくと、7とか13など、大きな素数などはあまり出てこないことが、子供的にも体感できるのではないかと思います。

 

このゲームは、実は約数の感覚(つまり九九や割り算にも通用する)が身につくゲームかなと思います。

 

あと、九九や割り算を覚えた方は、花まるラボが出しているこちらのアプリも楽しいと思います。割り算を駆使して戦う大富豪みたいなYAKUSUというゲームです。

関連記事>>>九九を覚えた小学生はYAKUSUアプリで遊びまくろう!

 

以上、スクエアパズルの紹介でした。

 

Think!Think!アプリは、こちらからダウンロードできます!

 

関連記事>>>Think!Think!紹介記事ゲーム一覧イベント一覧まとめページ

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。