チャレンジして成長したい人のための

1000万円のお金の価値は?頑張る人のほうが報われるお金の使い方

スポンサーリンク

 

1000万円の貯金ができた!」と聞くと、みなさん率直にどのように感じますか?

 

素敵な金額ですよね、1000万円って。

 

無論、何かのラッキーで手に入った1000万円も魅力的なのですが、家計をやりくりして頑張って貯めた1000万円にも実はとっても価値があるんです。

そもそも、頑張って貯めた方は何か夢や目標があったんですよね。無事に貯金できた今ならその夢に1歩も2歩も近づけたのではないでしょうか。「パーっと使ってしまおう!」と考えて貯めた人は少数派なはずです。

 

今回は、1000万円手に入れたらどんな風に使えるかを考えていきます。損しない使い方って何なのでしょうね。

 

1000万円の使い道

投資信託などの長期資産運用で増やす

個人的な資産運用の好みになってしまいますが、じっくりと資産運用できる人向けの方法ですね。

簡単にシミュレーションすると、1000万円を年1.5%の複利で35年間運用したとすると、1680万円くらいになる計算です。

 

1000万円と高額なお金に加え、35年間という年月をかければ、500万円以上のお金が増やせるということで「資産を運用した〜」って実感が湧きますよね。

 

私は詳しくないので、投資信託などの資産運用を検討している方は、プロに聞いた方が良いです。

 

というか、「35年って長い」って感じてしまいます。

 

1000万円分の借金を減らす

例えば戸建住宅マンションを購入する方は3000万円とか4000万円とかのローンを組む人が多いそうです。

もし3000万円のローンを金利1.5%で35年借りると、3800万円くらい返さないといけない計算になります。

 

高額な資金を長期的に、、、という話は上の資産運用でも出ていますが、それの借金・ローン版ですね。

住宅となると人生最大の買い物なので、やはり金額も期間も長いです。

 

資産運用で増やす話は運用実績が環境にも左右されて、思い通りのリターンは得られる保証はないのですが、ローンの場合で例えば固定金利を選択すると、まー 変わらないです。

これが借金の怖いところですね。

 

スポンサーリンク

 

 

というところで、1000万円の使い道はローンの繰上げ返済頭金ですね。まず間違いない投資だとよく言われます。ノーリスクハイリターンです。

ローンを背負ってる人にとっては1000万円は1000万円以上の価値があります。ローン残高にもよりますが、100万円や200万円以上の価値もありそう。

 

でも、繰上げ返済の何が嬉しいかというと、35年もの長期間 自分にのしか掛かってくるストレスを10年分くらい軽くできるというところですかね。

ローンを借りるときは元気でも、その後、ストレスにやられてしまうかもしれません。35年って冷静に考えるとかなり長いです。

 

35歳で35年ローンなんて借りて、馬鹿正直に返済していったら70歳ですよ!人生もほぼほぼ終わってしまってるじゃないですか。人生でやりたい事は出来たのでしょうか!?

 

という事で、そんな羽目にならないように1000万円を用意しておけば、人生に重くのしかかってくるローンという鎖を、少しは軽減できるんですね。

1000万円という金額を、用意できたマインドが何より重要かもしれません。

 

繰上げ返済をしたりローンの頭金を増やすことが、この記事では一番現実的な、1000万円の使い道ですね。

 

関連記事>>>【ファミリー向け】コスパ高い日帰りバスツアーで心のゆとりを確保しておく

 

1000万円の余裕資金!

ここではローンなんか関係ない、とても若い人あるいは超お金持ちの方の話です。

 

同じ感覚で取引を進めるとして、百万円で株や仮想通貨を売買するのに加え、1千万円で売買する方が10倍の変動があります。

なけなしの百万円を1回の取引で株に突っ込み、株価が2倍になったとしたらプラス百万円が得られます。

 

でも、この時に1千万円で同じ取引をやれば(発行済株式数とか考えず単純計算で)、株価が2倍になればプラス1千万円が得られます。

 

同じ取引の手間(具体的にはパソコンのマウスクリック数や、スマホのタップ数)が全く同じなのに、元手が10倍あるとリターンも10倍になります。

 

貧乏人からしてみたら、そんなのやってられるか!となるのも仕方がないですよね。

でも、これこそが1000万円の魅力であるとも言えます。頑張って元手を蓄えた方が、より大きな取引が出来てしまうんです。

 

あ、もちろん百万円も1千万円も等しくゼロ円になる可能性もあるので、心理学的な要素も絡んできて複雑にはなります。同じ取引の手間かもしれませんが、ストレスは10倍のしかかってくる可能性もあります。

ま、このあたりは個人差があるところですけどね。

 

関連記事>>>スタイリッシュな「節約術」に関する記事一覧

 

1000万円貯められないと逆に心配?

1000万円もの大金を貯めるのは大変ですが、貯められた恩恵は大きいですよ。と書いてきました。

 

ですが、大変なものをずっと大変だと思っていて良いのでしょうか?

何が言いたいかというと、そもそも「3000万円を30年で返す」という簡単な計算をすると「10年で1000万円」あるいは「1年で100万円」という数字は現実味を帯びてくると思います。

 

つまり、1年間で100万円を貯めるペースを保っていかないと、30年で3000万円のローンは返済が大変過ぎると言う話ですね。

 

逆に考えると、借り過ぎです。

 

繰り返しになりますが、ローンを下手に借りると人生の30年前後が、辛くて楽しくない時間になってしまうのでしっかりと返済計画を立てるようにしたいですね。

 

具体的な貯め方は?

関連記事>>>1年間に100万円を貯金して金銭的スタイリッシュ生活!

関連記事>>>誰にも聞けないお金の話。住宅ローンの返済計画を考えて貯金力アップ!

 

まとめ

ということで、1000万円という金額について書いてきました。結局、1000万円あると心の余裕が増えたり、余計なストレスを感じなくて済むという感じですかね。

 

凄い金額なんです。頑張れば頑張るほど楽になるとも言えます。

  • 1000万円貯められた実績がまず凄い!もっと貯められるはず
  • 1000万円あると、資産運用でさらに増やしやすくなる
  • 人生を縛りつける住宅ローンをかなり軽減できる
  • 繰上げ返済できる立場だと、1000万円は1000万円以上の価値がある
  • 逆に、ローンが借り過ぎかどうかは、自分と向き合ってちゃんと考えましょう

 

以上、1000万円の価値に関するお話でした。

 

関連記事>>>2年で100万円節約できる!車を持たない理由やメリット・デメリット

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
小学生むけタブレット教材の決定版Think!Think!
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。