チャレンジして成長したい人のための

睡眠の質 知ってる?Fitbit活動量計でビッグデータ時代の健康管理を実践

Fitbit睡眠ベンチマーク
スポンサーリンク

 

自分のことってキチンと分かってます?

何となくは分かっていても、数値化して理解している人ってほとんどいないかも知れません。

 

市場に出回ってから結構経っているので今更と思われるかも知れませんが、Fitbitで自分の健康管理・活動ログを取ることにしました。

FitbitAltaHR手首につけた感じ

 

イエス!ガジェット大好き!

関連記事>>>電子ピアノとiPadのSynthesiaアプリをMIDI接続して音ゲー化する!

 

Fitbit(フィットビット)って何?

ウェアラブル活動量計ということで、身体のどこかに身につけておくタイプの、進化した万歩計みたいなもので、自分の身体の情報やデータがたっぷりとり溜められます。

今どき、何でもスマホと連携してスマートに情報管理ができてしまいます。

 

しかも、Bluetooth接続なので煩わしいケーブル接続なんかも不要ですね。ペアリングされたスマホからアプリを開いたら勝手にデータが更新されます。

これ以上シンプルになるか?くらい簡単にデータ管理できてしまう凄い活動量計ですよ、Fitbit。

Fitbitメイン画面

 

Fitbitって色々なタイプがあるけど?

この記事で書いているFitbitはこちらのAlta HRというタイプですね。

他の写真とかと比べると分かるのですが、「最もスリム」みたいです。ずっと身につけておくのでサイズは重要ですね!

 

健康管理ができると、将来的な大きな病気になってしまうのを予防できるかもしれません。

そう考えるとコスパはかなり高いと言えますので、買って正解だったと思います。

 

関連記事>>>小学生向けタブレット勉強アプリ4社の比較!コスパが高い教材を選ぶポイントは?

 

レビュー – 買ってよかった点など

歩数や心拍数が1日中測れる

昔から、万歩計で健康管理している人がいると思いますが、そこから考えると時代は進んだ、って感じですかね。

歩数だけでなく、心拍数や移動距離・運動した時間なども情報として残せるのが「活動量計」の良いところですね。

Fitbit心拍数

お風呂・シャワーの間は耐水上の問題でダメなのですが、それ以外の時間はずっとつけていても良いです。

自分がどれだけ「有酸素運動」の時間を過ごしたかなども分かってしまう優れものです。

 

ずっとつけておく事で、1日の最高心拍数や、安静時の最低心拍数もわかります。

 

スポンサーリンク

 

自分の睡眠を数値で把握する

今回、Fitbitを購入したきっかけは、この機能が目当てでした。

 

スマホを枕のそばに置いてスマホアプリで睡眠ログを取るやつも試したのですが、2人以上で寝るときとか変なデータもとってしまいそうで懸念していました。

 

目的は自分の活動を正確に把握することですからね。ちゃんと自分のデータを取れます。

 

そして、自分の睡眠の平均値が分かるだけじゃなく、他者とのベンチマーク比較ができるのも嬉しい点です。

Fitbit社が持つビッグデータがとてもありがたいですね!

Fitbit睡眠ログ

 

関連記事>>>耳から読めば本はもっと身近になる!Audibleのあるスタイリッシュな生活

 

睡眠の深さを知る

自分の睡眠時間って、寝た時間と起きた時間が分かれば一応、数字として何時間寝たかが残せます。

が、睡眠の質というか睡眠の深さを数値化するって難しいと思います。

 

Fitbitを使えば、着けているだけで勝手に測って記録を残してくれるので、ズボラな人にも打ってつけです。

 

そして、ある日の私の睡眠ログがこちら。深い睡眠がしっかりあった日でした。

睡眠ログ

 

やはりというかもちろん、この推移は日によって変わりますね〜。

でも、これを記録に残せて、自分で把握できるというのがとっても大事!

 

しっかり運動したら良くなった!とか、スマホやパソコンをやり過ぎで悪くなった!とか、自分で工夫して良くして行くプロセスが健康管理の重要な部分です。

 

関連記事>>>副交感神経を優位に!リラックマの蓄熱式湯たんぽで良質な睡眠を

 

運動してみようという気持ちになる

人間、面倒臭いことはやりたくないのですが、このFitbitは時計と同じように腕につけておくだけですね。面倒な設定はありません(あっても最初だけです)。

 

運動しようと思った時に特別な準備は必要ないです。

そして、ちゃんとデータを取れるってモチベーション管理にも役立ちますよね。

 

ちゃんと頑張った分だけ数値が目に見えると、次もまたやろうという気持ちが起こってきて、これって結構大事なポイントだと思います。

次もまた頑張ろう、良い記録を取ろう、と正のスパイラルで体調管理が良くなっていきます!

 

関連記事>>>夏休みを充実させる!この夏に始めたいアウトドアな趣味10選

 

面倒な機能は使わなくて良い

他にも、摂取カロリーや水分摂取量を入力して記録できるのですが、これは使っていません。

 

消費カロリーは自動で計算して数値化してくれるので便利です。

毎日のデータがあると推移が分かるのでこれが健康管理に大事なのかな、とも思います。

 

たまに体重を測った時は入力しています。

Fitbit摂取側は面倒

手軽なところに魅力を感じてFitbitを購入する人は、食事や水分の入力はやっていないような気もします。

 

関連記事>>>カラオケと瞑想の意外な共通点!マインドフルネス効果も得られる3つのポイント!

 

交換バンドで自分好みに!

自分のための健康管理にとっても役立つFitbit Alta HRを紹介してきました。

自分のことをもっと深く知るチャンスですが、毎日ほぼ24時間つけておく必要があるのでせっかくならデザインにもこだわりたいですよね。

 

そんな方でも大丈夫!

スマホケースばりに、Fitbitの交換バンドがたくさん出ています。そして、スマホケースほど高くない!

 

今回紹介したのは「Alta HR」というタイプなので、それに対応しているものが必要です。いろいろあるので探してみましょう!

 

私はトランポリンが好きなので、トランポリンじゃなくても色んなアクティビティ中の活動ログをとって、いろいろ見てみたいですね!

 

以上、Fitbitを使った活動ログ・体調管理で、明日はもっとスタイリッシュ生活!

 

関連記事>>>【30店舗以上】日本各地のトランポリンランド一覧【Twitterアカウントまとめ】

関連記事>>>今からでも遅くない!あなたが一歩先を行ける新しいスポーツ10選

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
小学生むけタブレット教材の決定版Think!Think!
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。