チャレンジして成長したい人のための

関東在住の長崎人が、長崎とハウステンボス旅行で見つけた小ネタ5選

パレスハウステンボス
スポンサーリンク

2018年は家族で長崎県内の旅行をしていましたが、関西や関東に出て長く暮らしていたので、長崎県の雰囲気を久しぶりに味わうと思わず突っ込んでしまうポイントが見つかりました。

中でも、特にネタ的だなー、と思ったものを記事にしておきます。

長崎県の文化や価値観が多少なりとも分かっていただけると幸いです。
それではどうぞー。


電車・電子マネーのネタ編

SUGOCAの使用エリア


この写真を見ただけでピンときますかね。

SUGOKAの飛び地
福岡はもちろん、長崎県の長崎市内では九州の交通系電子マネーSUGOCAが使えます。

が、その間の佐賀県の一部や、長崎県の佐世保市(JRハウステンボス駅含む)は使えないんですよねー。


徒歩の感覚


これはJRの電車の中で見つけた車内の広告です。

スポーツ観戦はやはり、マイカーで来ると交通渋滞がひどいので公共の交通機関を使って欲しい気持ちは分かります。

が、徒歩で(たったの)30分!みたいな広告には笑ってしまいます。

逆に考えると、何か小遣い稼ぎの商売はできないものかと思いますが、都会ほどイベント日数も無ければ、人口の絶対値が違いすぎますよね、きっと。

徒歩でたった30分
スポンサーリンク

ハウステンボスのネタ編

ネタベンチ


この写真のベンチはハウステンボスに入って割とすぐに見つかるベンチです。

「誰か私たちをもらってください」

はじめ見たときは一瞬、捨てられたベンチが語りかけてきたのかと思ってしまいましたが、よく考えると写真撮影用ですね。

にしても、年頃の女性たちがこのベンチで写真を撮ってる姿を想像すると、割とネガティブなベンチであると想像されます。

ハウステンボス誰か私たちをもらってください
これ系のベンチはハウステンボス内に他にもたくさんあるので、気になる方は探してみてください。


長崎の方言ホッカイロ


その名も、「ぬっかいろ」です。
長崎弁が分からない方、パッケージだけ見てこれがカイロだとピンと来ます? 笑

ぬっかいろ・長崎弁ネタ
「暖かい」ことを「ぬくい」、「暖かいね〜」を「ぬっかね〜」と表現する長崎の人からするとぬっかいろも分かるのですが、長崎弁が分からない人にとってはこれは何?となりかねない商品。

せめて、これがホッカイロであることをPOPで説明すれば、売上が上がる気がしなくもない感じのネタ商品ですね。


デカすぎるゴーダチーズ


ハウステンボスの各地や、出国の際に通るおみやげ屋さんなどで購入できるゴーダチーズ玉があるのですが、これがまたチーズ初心者には扱いづらそうな4kgの巨大な塊として売られてるんですね。

ゴーダチーズ玉は持て余すよね
チーズの扱いが得意な本家オランダの方ならいざ知らず、普通の長崎人では使い道に困ることないですか???

お金を持て余した神々の遊び的なお土産なら良いかもしれませんが、友達にパッと買って帰ろー、とはならないこと必至です。

そもそも大きいサイズだからって、スケールして単価は安いのかも想像できない値段ですね。

4kgで20,000円なら、1kgで5,000円で、100gで500円。安いお肉よりは全然高いチーズです。

それと、ゴーダチーズってどんな使い方するっけ?という、とにかくツッコミどころだらけのチーズでした。


おわりに

ということで、気になったネタを5種類ほど載せてきました。

1つでもクスッとくるものがありましたかね??

ホッカイロなんて、見た目でもっとホッカイロ感を出せば売り上げアップの予感もするのですが、その辺りってどうなんでしょうかねー。
\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
小学生むけタブレット教材の決定版Think!Think!
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。