チャレンジして成長したい人のための

【Think!Think!】シャドーライト

ShadowLight in ThinkThink
スポンサーリンク

 

思考センス育成教材 Think!Think!(シンクシンク)のゲーム毎のプレイ方法やコツを紹介しています。

今回はフリーコースでプレイできる シャドーライト です。

 

問題の概要・やり方

ゲームの内容は、画面の真ん中に表示される立体ブロックと、ライトを持ったモグラが右側または左側に表示されます。

例えば立体ブロックの左側から光を当てると、右側にはどんな影(シャドー)が表示されるかを想像して3択から選ぶ問題です。

 

シャドーライト最初縦に2つ並んでいるので、、、シャドーライト最初の答え真ん中が正解です!シャドーライト間違えた時間違えた場合は、向きが変わって正解を教えてくれます!

 

 

コツ・攻略のポイント

レベルが上がると、立体ブロックが難しい形になったり、ライトが右側から照らされたりして難しくなっていきます。

立体ブロックの場所は変わらないのですが、ライトが左右に入れ替わるので同じブロックでも影のでき方が変わってきます。

 

シャドーライト右から右から照らして、答えは真ん中ですねシャドーライト簡単な問題左から照らして、答えは左ですねシャドーライト難しい問題ブロックがどんどん大きくなっていきます。

 

解き方は、立体ブロックの形をしっかり頭の中に想像することが王道ですかね。

コツとしては、縦が何個分・横が何個分、などざっくりとし形を把握することで消去法で3択を選んだりできます。

 

左右の切り替えも頻繁に起こるので、しっかり確認してから答えを考えたいですね。

問題としては、シャッターチャンスにも似ていると思います。

 

ポイントまとめ

  • 左右どちらから照らされるかを確認する
  • ざっくりとした形を素早く把握して、消去法でも3択が解ける
  • シャッターチャンスや他の立体ブロックの問題に慣れる

 

コツは他にもあると思いますので、何度も解いて経験を積み重ねましょう。

 

コラム いろんな視点

同じブロックでも光を当てる方向によって影のでき方が変わることの理解につながる問題ですね。

 

同時に、見る場所によって見え方が変わることも理解できるようになるかもしれない問題です。

同じ物事でも、自分の見方と他人の見方が違うことを知ることはとても大事かもしれません。

 

この考え方は、トリックアートの種明かしにも似ています。

トリックアートは視覚をうまく利用して不思議な現象が起こっているように見えるアートですが、別の視点から見ると意味不明な形に見えたりして、楽しめませんね。

 

物事を2箇所以上から確かめるとカタチをしっかり理解できることが体感できる問題だと思います。

 

以上、シャドーライトの紹介でした。

 

Think!Think!アプリは、こちらからダウンロードできます!

 

関連記事>>>Think!Think!紹介記事ゲーム一覧イベント一覧まとめページ

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。