チャレンジして成長したい人のための

【Think!Think!】はっぱのりカエル

thinkthinkのLilypadHopper
スポンサーリンク

 

思考センス育成教材 Think!Think!(シンクシンク)のゲーム毎のプレイ方法やコツを紹介しています。

今回はスタンダードコースでプレイできる はっぱのりカエル(葉っぱ乗り換える) です。

 

問題の概要・やり方

ゲームの内容は、上下左右のコントローラでカエルのキャラクターを操作し、画面内の葉っぱを乗り換えてゴールを目指す迷路の問題です。

 

葉っぱに乗ると、こおりのゆかめいろ などのゲームと同じように壁などにぶつかるまでまっすぐに進んでしまいます。

が、陸地のマスは1マスずつ進めたり、方向転換も出来るので利用していきましょう。

 

はっぱのりカエル_最初の問題左上のマスから右へ進み、下の葉っぱに乗ってゴールへはっぱのりカエル_葉っぱが3枚葉っぱが増えたのでどれに乗るか見極めますはっぱのりカエル_5x5ではっぱ4枚画面が広くなり葉っぱも増えました

 

操作を間違えた場合は、上下左右のコントローラの上の1つ戻るボタンや、右上の戻るボタンで最初からやりなおしましょう。

 

コツ・攻略のポイント

レベルが上がると、画面が広くなったり葉っぱの枚数が増えたりして難易度が上がっていきます。

どの葉っぱに乗るかや、同じ葉っぱでもどの方向から乗るかで結果が変わってきますので慣れていきましょう。

 

同じ葉っぱに2回以上乗る場合もあり得ます。

 

はっぱのりカエル_葉っぱから葉っぱに乗り換える葉っぱから葉っぱへと直接乗り換えましょうはっぱのりカエル_葉っぱ4枚同じ葉っぱでも乗る方向で進む方向が変わりますはっぱのりカエル_一回乗った葉っぱにまた乗る1度乗った葉っぱに再度乗ることも可能です

 

コツですが、この葉っぱに乗るとどこに辿り着いて、その後に何が出来るだろう?などを考えながら進めることになるかと思います。

実際に試すと時間がかかって点数が上がらないので、目で見て予想できる結果を大事にしていきたいですね。

 

また、慣れてくるとゴールからの逆順で、ゴールのマスの隣にいける葉っぱはどれだろう?と考えながら進めることも可能ですね。

 

ポイントまとめ

  • 葉っぱに乗る方向も大事
  • 同じ葉っぱに2回以上乗ることも出来る
  • ゴールからの逆順を想像すると、乗る葉っぱを決められるかも

 

コツは他にもあると思いますので、何度も解いて経験を積み重ねましょう。

 

コラム 見極め

このゲームの新しい問題を一目見ると、葉っぱがたくさん見えるのでどの葉っぱに乗るかを考えていかないといけません。

もちろん、ゴールに向かうために必要な葉っぱと、全く必要ない葉っぱもあるのでそれらを見極めていかないといけないですね。

 

もし、必要な葉っぱだけだと問題がとっても簡単になってしまうので、ある程度の点数になると1つ以上は使わない葉っぱが表示されているのだと思います。

情報の取捨選択を出来るように練習していきましょう。

 

以上、はっぱのりカエルの紹介でした。

 

Think!Think!アプリは、こちらからダウンロードできます!

 

関連記事>>>Think!Think!紹介記事ゲーム一覧イベント一覧まとめページ

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
小学生むけタブレット教材の決定版Think!Think!
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。