チャレンジして成長したい人のための

【Think!Think!】はこになる?

Buildable in Think!Think!
スポンサーリンク

 

思考センス育成教材 Think!Think!(シンクシンク)のゲーム毎のプレイ方法やコツを紹介しています。

 

今回はスタンダードコースでプレイできる はこになる?(箱になる?) です。

 

問題の概要

ゲームの内容は、最初はサイコロの展開図が表示されるので、組み立てると最終的にサイコロや箱が出来上がるのかどうかを2択で選びます。

サイコロは6面が必要ですが、そもそも全部で5面しかなかったり、7面だったりすると立方体・直方体になりません。

 

展開図では6面でも、組み立てて重なったりする展開図はサイコロになりません。

 

攻略のポイント

サイコロの展開図は限りがあるので覚えられる人は覚えてしまっても手っ取り早いです。

 

逆に、サイコロにならない条件を覚えておいても良いです。

例えば例えばカタカナのの字が含まれていると同じ場所に重なりができてしまって完成しません。

 

全然イメージができない幼いお子様の場合は、実際に紙でサイコロを作ってみるのも、長い目で見れば点数アップの効果があるでしょう。

 

ポイントまとめ

  • 展開図の面の数を数える
  • サイコロになる形、ならない形をざっくりと覚えておく
  • 実際に紙で作ってみる

 

コツは他にもあると思いますので、何度も解いて経験を積み重ねましょう。

 

 

コラム

中学数学になる前に、小学校でも何度も取り組む事になる問題だと思います。

 

平面から立体を想像する上で最も基本的なものと言っても良いのではないでしょうか。

三角錐やピラミッド型など、いろいろな展開図への発展も考えられます。

 

以上、はこになる?の紹介でした。

 

Think!Think!アプリは、こちらからダウンロードできます!

 

関連記事>>>Think!Think!紹介記事ゲーム一覧イベント一覧まとめページ

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。