チャレンジして成長したい人のための

【Think!Think!】なんびき?

FindTheFrogs in Think!Think!
スポンサーリンク

 

思考センス育成教材 Think!Think!(シンクシンク)のゲーム毎のプレイ方法やコツを紹介しています。

 

今回はプレミアムコースでプレイできる なんびき?(何匹?) です。

 

問題の概要

ゲームの内容は、立体的なブロックと、そこに隠れた何匹かのカエルが表示され、前後左右から見た情報だけで何匹いるかを回答する空間図形の問題です。

上から見ると一目瞭然なのですが、回答中は上からは見えないのである情報から考えないといけません。

 

操作は、画面右側にあるコントローラからカメラの位置を変えられます。

カメラの切り替えを行うと、アニメーション付きでカメラの位置が変わります(カエルとブロックの見た目が変わります)。

なんびき1最初の表示は手前から見た状態。少なくともカエルは2匹。なんびき2左から見た状態。この3匹と上で見た2匹の関係は?なんびき3同じようにグルっと見て、合計は5匹でした。

 

攻略のポイント

ブログじゃ伝えにくいのですが、レベルが上がるとカメラの切り替え時のアニメーションが無くなります。

この変化は地味かと思うかもしれませんが、けっこう難しくなると思いますよ。

 

今見えているカエルと、次のカメラ位置から見たカエルが同じカエルなのかどうか判断するのが激ムズになります。

なんびき4

 

正解のコツは、やはり同じカエルを2回カウントしてしまわないようにすることですね。

カエルとブロックがあるフィールドはたかだか16マスまでだと思うのでそんなに多くの情報は必要なさそうです。

 

例えば16マスを次のように分割して考えてみると良いかもしれません。

  • 1行ずつ(or1列ずつ)の4つに分けてみる
  • 正方形の4マス×4つ(左下・左上・右下・右上)に分けてみる
  • 最外周の12マスと、内側の4マスに分けてみる

など。

 

 

コツ・ポイントまとめ

  • 二重カウントしないように最大限の工夫を
  • 4×4の16マスの空間を上手に把握しましょう

 

コツは他にもあると思いますので、何度も解いて経験を積み重ねましょう。

 

 

コラム

数えるというルールはシンプルだと思いますが、情報が限られてしまうと数え間違えてしまうという問題ですね。

 

小学校・中学校・高校でも数学の問題を解いていて、シンプルな数え間違いのせいで点を落とすようなケースは簡単に想像できます。

筋道を立てて論理的に問題を解いていくのはできていても、何か条件を忘れていたり、自分が導き出したものを数え間違いしたりで不正解になるのはもったいないですね。

 

幼いお子さんにとっては難しめの問題かもしれませんが、可愛いカエルをたくさん数えて練習しましょう。

ブロックに隠れた裏側を想像するチカラも身につくかもしれません。

 

以上、なんびき?の紹介でした。

 

関連記事>>>【花まるラボ】九九を覚えた小学生はYAKUSUアプリで遊びまくろう!

 

Think!Think!アプリは、こちらからダウンロードできます!

 

関連記事>>>Think!Think!紹介記事ゲーム一覧イベント一覧まとめページ

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。