チャレンジして成長したい人のための

30年分のヒット曲で平成を振り返る!カラオケで盛り上がる曲まとめ

平成のカラオケ・ヒット曲まとめ
スポンサーリンク

 

およそ30年続いた平成がおわりに近づいてきましたね。

何らかの形で振り返りたかったのですが、何が良いかなーと考えていたら、音楽で振り返るのがピンときたのでこれにします。

 

各年のヒット曲の中から、歌いたい または 歌ってほしい曲を選曲しています。

この中から選べば、皆で盛り上がること間違いなし!?

 

カラオケで振り返る平成30年(前半)

平成元年〜5年

平成元年(1989年) X JAPAN「紅」

 

最近だとテレビのCMでも流れている気がしますが、カラオケだとサビを叫んでいて気持ち良い曲。

次点で、美空ひばり「川の流れのように」です。この曲は、平成だったのか!と感じてしまう1曲。

 

平成2年(1990年) 米米CLUB「浪漫飛行」

 

次点で、LINDBERG「今すぐKiss Me」とかB.B.クィーンズ「おどるポンポコリン」が来てます。

 

平成3年(1991年)小田和正「ラブストーリーは突然に」

 

次点で、CHAGE and ASKA「SAY YES」、KAN「愛は勝つ」、槇原敬之「どんなときも。」など、名曲ぞろいな年でした。

 

平成4年(1992年)槇原敬之「もう恋なんてしない」

 

次点で、米米CLUB「君がいるだけで」でした。米米CLUBが強い時代。

 

平成5年(1993年)CHAGE and ASKA「YAH YAH YAH」

 

次点で、B’z「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」、ZARD「負けないで」が来ました。カラオケだとみんなで叫んで気持ち良いということで、YAH YAH YAHでした。

 

平成6年〜10年

平成6年(1994年)Mr.Children「innocent world」

 

次点で、広瀬香美「ロマンスの神様」、広末涼子「恋しさとせつなさと心強さと」が来ます。ミリオンヒットのCDがたくさんある時代です。

 

平成7年(1995年)trf「Boy Meets Girl」

 

次点で、スピッツ「ロビンソン」、シャ乱Q「ズルい女」です。

 

平成8年(1996年)久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」

 

次点で、華原朋美「I’m proud」、スピッツ「空も飛べるはず」、PUFFY「これが私の生きる道」です。たくさんありますね。

 

平成9年(1997年)Kinki Kids「硝子の少年」

 

次点で、安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE ?」、SMAP「夜空ノムコウ」です。

 

平成10年(1998年)SPEED「White Love」

 

次点で、宇多田ヒカル「Automatic」でした。

 

平成11年〜15年

平成11年(1999年)ポルノグラフィティ「アポロ」

 

次点で、モーニング娘。「LOVEマシーン」でした。

 

平成12年(2000年)モーニング娘。「恋愛レボリューション21」

 

次点で、桑田佳祐「TSUNAMI」、中島みゆき「地上の星」です。

 

平成13年(2001年)CHEMISTRY「PIECES OF A DREAM」

 

次点で、宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」、Every Little Thing「fragile」、KinkiKids「ボクの背中には羽根がある」、ZONE「secret base ~君がくれたもの~」です。めっちゃ多い!

 

平成14年(2002年)BUMP OF CHICKEN「天体観測」

 

次点で、ロードオブメジャー「大切なもの」、MONGOL800「小さな恋のうた」です。

 

平成15年(2003年)SMAP「世界に一つだけの花」

 

次点で、森山直太朗「さくら(独唱)、ORANGE RANGE「上海ハニー」です。

 

カラオケで振り返る平成30年(後半)

続きは、後半で発表します。

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
小学生むけタブレット教材の決定版Think!Think!
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。