チャレンジして成長したい人のための

トランポリンの暗闇フィットネスを自宅で再現してダイエットしよう!

スポンサーリンク

 

東京を中心に、最近は暗闇フィットネスがかなり流行っているみたいです!

ボクササイズの「b-monster」や、エアロバイクの「FEELCYCLE」など、他にもいくつかあるみたいです。

 

その中に、トランポリンでダイエットする「jump one」なるものがあったので、トランポリン好きな皆さんはやってみたいですよね。

 

ただ、やはり普段の行動圏内に施設がないと行けないですよね。

今回は、自宅でトランポリンダイエットをやってみたい方へ、暗闇フィットネスの要素を取り入れた方法を想像で紹介します。

 

大きなトランポリンで跳びたい方はこちらをチェックしてください。

関連記事>>>【30店舗以上】日本各地のトランポリンランド一覧【室内で楽しくエクササイズ】

 

暗闇トランポリンとは?

暗闇フィットネスとしてのトランポリンはこんな雰囲気です。

 

暗闇やアロマや音楽で集中力を高めて、周りの仲間たちと一緒にエクササイズをする事で自分を追い込み、挫折しがちなダイエットを達成することができるようになります。

 

トランポリン以外の道具は特殊なものが無いので、自宅で場所の問題など解決できれば実現できそうじゃないですか?

やってみましょう!

 

関連記事>>>副交感神経を優位に!リラックマの蓄熱式湯たんぽで良質な睡眠を

 

用意するもの

トランポリンを始め、あった方が良いものもピックアップしました。

一度セッティングしてしまえば、自宅で毎日エクササイズが出来るのですぐに元は取れるかなと思います。

 

トランポリン(手すり付き)

耐荷重が150kgくらいあればほとんどの方にとって安心だと思います。安いものは耐荷重に注意です。

そして、激しい運動なので手すりがあると安心です。

 

フロアマット

床を傷つけないため・騒音を抑えるため、トランポリンの下にはマットを敷きましょう。

 

音楽再生機器

部屋に音楽が流せればどれでも良いんですけどね。同居人への配慮が必要であればポータブル機器を用意しましょう。

ヘッドホン一体型だとスッキリしていてスタイリッシュですね!

 

クラブ的な音楽

この辺は各自の好みでテンション上がる曲ならなんでも良いですね。私の場合はコレが好きです。

または、

エクササイズビデオ

 

サウナスーツ

これがあるとビックリするくらい汗をかきます。運動することが大事なので服装は問わないのですが、「ダイエットしてる!」という達成感を感じたい方はあった方が良いかも。

 

水分

暗闇フィットネスでダイエットをするなら、水分補給が欠かせません。

普段、ジュースやお酒を取りすぎている自覚があるのであれば、ミネラルウォーターでデトックスしてみましょう。

 

水分が60%以上のカラダをリセットするには、やはり水が良いです!

そして、硬水の中でもエビアンはかなり飲みやすいですよ。

 

トランポリンエクササイズのやり方

準備運動・ストレッチ

カラダのエンジンを上げていくために、まずは柔軟などやって温めていきましょう。

ラジオ体操的な運動でも良いですし、トランポリンをガンガン飛ぶので、足首や膝などは曲げ伸ばしして準備運動しておいた方が良いです。

 

暗闇フィットネスとは言いつつも、自宅を真っ暗にし過ぎる必要はありません。

特に慣れないうちは明るい状態でやっても大丈夫です。

 

関連記事>>>睡眠の質 知ってる?Fitbit活動量計でビッグデータ時代の健康管理を実践

 

音量高めでテンションをアゲていく!

ハードなフィットネスに打ち勝つにはボリューム高めで音楽をかき鳴らしたいです。ダイエットを妨げる諸処の雑念も振り払いましょう。

 

時間をかけて跳び続ければエクササイズ効果はあるので、休憩を挟みつつ楽しく続けていければ良いと思います。

 

もっとダイエットにハードさを求める人は自分で自分を追い込みましょう!

弱い自分を捨て去るために、集中・集中アンド集中で跳び続けます!!

 

曲的にはダンスダンスレボリューションの雰囲気。というかクラブ的な雰囲気ですね。

 

 

安全・熱中症対策もしっかりと

サウナスーツを着てガンガン汗をかくのもダイエットには大事なのですが、暑くなりすぎてフラフラで倒れるのだけは避けたいですね。

自分を追い込んでダイエットするのと、水分補給をするのは別ものなので!

 

そして、サウナスーツを着ていたとしても、特に頭部が熱くなる事は避けたいので扇風機なりクーラーなり、涼しく保てるように工夫しましょう。

 

上ではデトックス用のミネラルウォーターも紹介していますが、夏の暑い中や、めっちゃ追い込んでいる方はこっちの方が良いですね。

 

 

そして、本気でダイエットしたい人はプロテインも使って身体のケアにも気を配りましょう。

いつものおやつ間食を減らして、運動後にプロテインを摂れば、あなたの努力にきっと応えてくれると思います。

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。