チャレンジして成長したい人のための

日本の大企業がプログラムのコードレビューを体系化するのは困難か

スポンサーリンク

 

これって、会社員の方にとってあるあるネタじゃないですかね???

 

そう思って探してみると、似たような経験をしている人はちらほら。

 

 

とか、

 

 

お疲れ様です!

 

 

報告書やレポートの類が社員で共有されて活用されている会社は素晴らしいと思います。

そんな中、専門的なプログラマーたちにとっては当然行なっているプログラムのコードレビューについて、一部の大企業や古い体質の企業は体系的にできていないだろうなと思ったので、そのあたりを書いてみます。

 

増加するプログラマー

世の中の技術革新が進むにつれて、大なり小なりプログラミングに触れる会社員の人数って増えてきてますよね?

 

で、ある程度 社内にプログラミング経験者やソースコードが増えてくると、効率化の動きが出てくるはずなんです。

共有化できるところは共有化しようとか、他人が読めるようにこれからコーディング規約を導入しようとか。

 

でも、大きい会社って色んな会社を相手にして、色んなプロジェクトが並行して進んだりしているので結局は案件ごとに部分最適になるように進んでいき、結局、全体最適になるような効率化はいつまでも進まない的な感じかと予想します。

 

大きな会社ほどこういう動きは進めにくいと思いますが、逆にいうと小さなベンチャー企業やこれから作られる会社はその辺をしっかりしてスタートアップできるように準備できるので強そうです。

効率が段違いのはずです。

 

社内の無駄を排除するために、プログラミングのコード共有や、イチからプログラマを育成するにはどうしたら良いか?

まずは、これから作られるソースコードに対してコードレビューを行うと良いかもしれません。

 

 

コードレビューってどうやるの?

プログラミングの経験が浅い企業の方はこんな風に考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

コードレビューの仕組み自体は難しくないと思うんです。

だって、考え方の基本は報告書のレビューと同じなのですから。

 

どこの会社でも、ノウハウを蓄積していくためにレポート・報告書をまとめて保管することってやってますよね?

その際、社員が書いた書類は上司がチェックしますよね。

 

簡単に例をまとめるとこんな感じでしょうか。

  文書のレビュー コードレビュー
 機能 主張・結論が明確になっているか エラーなく実行可能か
全体のバランス 読みやすい構成にまとまっているか 読みやすい構成にまとまっているか
1文の長さ だらだら長い文になっていないか だらだら長い文になっていないか
 無駄な要素 不要な言葉が無いか・
表現が冗長でないか
不要な変数が無いか・
冗長なコードでないか
 誤解を招く要素 誤解のない説明になっているか 誤解のない変数名になっているか

 

文書でもソースコードでも、基本的には文字のみで考え方や機能を表現しているので、レビューのポイントって同じなんです。

全体の構成を見る上では、パラグラフの配置(コード内だと関数の配置とかか。)や論理展開などは共通しています。

 

でも当然の事ながら、詳細な部分をチェックするのに必要なスキルは異なってきます。

日本語、C言語、JavaScript、Ruby、Python、PHPなど細かい表現は各言語で変わりますからね。

 

仕組みは似ているのですが、あなたの会社でできそうですか?

難しいですよね?

 

報告書の場合

報告書の文章を適切にレビューできる人は、きっと適切な日本語や、わかりやすい報告書の構成など、文書作成に長けているはずです。

これには日本語の作文技術というスキルが必要になります。

 

複数の上司がチェックをするとしたら、この記事の冒頭で挙げたように修正の方向性も同じでいてもらわないと、レビューを受ける側はどっち寄りで書けばよいか迷ってしまいます。

というか、必ずどちらかから修正を受けるので、書き始める頃からゲンナリしてしまうでしょうね。

 

とってもやるせ無い気持ちになってしまいます。

 

分かりやすい文書とは何かを知りたい方は、このような本がオススメです。

 

 

コードレビューの場合

コードレビューの方では、読んで理解しやすいソースコードとは何かわかっている人で、プログラム作成に長けている必要があります。

今の世の中、そんな上司に巡り会える若手社員がどれだけいるか、という話です。

 

Windows95が登場したのが、2018年から遡ること23年前

ということは、30年前に入社した会社員の方はパソコン作業なんてほとんどなかったのだと予想されます。

ある程度は仕方ないのかもしれませんね。

 

とっても大きな壁が立ちはだかってそうです。

ジェネレーションギャップです。

 

パソコンとかプログラムって、物心ついた時からパソコンに触れられた若い世代の方がスキルがあって当然の分野かもしれません。

文書スキルは上司が上でも、プログラミングスキルでは若手社員の方が上。

 

詰まるところ、コードレビューを体系的に行える大企業がこの世界にどれだけあるかって話です。

プログラム書いても、しっかりレビューできる人がいません。

 

読みやすいコードとは何かを知りたい方は、このような本がオススメです。

 

 

プログラマーはプログラムを書きましょう

少し話は逸れるかもしれませんが、プログラムの説明書なんて作成していませんか?

プログラムの内容を説明するために、別の文書を作成するのは2度手間です。

(報告書を説明するための文書、と考えると無駄さが伝わりますかね?)

 

だって、絶え間なくアップデートされていく(理解不能な)プログラムを書いているとしたら、説明書の方も絶え間なくアップデートしないと使う側は使えません。

 

とすると単純計算で、プログラマーがコーディングできる時間が半分になってしまいます。

工数が2倍かかります。

 

溶接士に溶接以外の仕事を沢山やらせているようなもんです。

医者が治療以外の事務作業を沢山やっているようなもんです。

 

もったいないですねぇ。

 

 

終わりに

これからの日本は徐々に、プログラム書いてる世代が課長・部長となっていきます。

文書スキルプログラムスキルも兼ね備えた人が管理職が会社で活躍しているでしょう。

(でも、本当に凄い人達は自分で起業してる可能性もありますが。)

 

報告書でもプログラムのコードでも、会社の中の集団知を共有化し業務効率を向上できるかどうかが、今後発展する会社かどうかの判断基準になるかもしれません。

優秀な人材を流出させている場合じゃないです。

 

 

時代は変わった、と感じざるを得ませんが、それはこれから先も続いていくでしょうね。

今の子供たちは逆に、パソコンに触れていないかもしれません。

スマホ・タブレットの時代です。

その後は、どうなるか分かりません。

 

気づいている人は、研鑽あるのみです。

自分の働き方は自分で改革したい、スタイリッシュ生活を手に入れたい方は一緒に頑張りましょう!

 

 

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
小学生むけタブレット教材の決定版Think!Think!
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。