チャレンジして成長したい人のための

【ネタバレ注意】論理思考ゲームアプリYAKUSUの”ミッション”を攻略していく

始めに3は使わない
スポンサーリンク

 

花まるラボが、思考センス育成教材Think!Think!(シンクシンク)に続いてリリースしてきたYAKUSU(やくすう)が楽しいのですが、新しいゲームなので自分流の勝ちパターンを知るのに少し時間がかかりますね。

 

最初のうちは「シングルバトル」や「オンラインバトル」よりも「ミッション」の方が色んなケースで勝ちパターンに触れられるので、ミッションをしっかり解いていきたいなと思いました。

(課金体系もそんなに高くないと思いますので、課金してミッションを解きまくるのもありかと思います)

 

関連記事>>>【花まるラボ】九九を覚えた小学生はYAKUSUアプリで遊びまくろう!

 

YAKUSUのミッションとは?

YAKUSUアプリを始めた時の、4つのゲームモードから選択できます。

一番下に灰色の「ミッション」がありますよね。

YAKUSUゲームモード

ミッション専用のライフが3あるので、1日3回は無料でプレイできます。

楽しいのでもっとプレイしたくなりますね。

 

で、ミッションモードを選ぶと、挑戦するミッションの問題を選択できます。

レベル(難易度)や、クリア率(挑戦した人で、クリアした人の割合?)を参考に選択していきましょう。

YAKUSUミッション選択

 

ミッションモードは、将棋で言うところの詰め将棋のようなものですかね。

ゲーム終盤の局面を、ケーススタディとして練習できるパズルのような感じで進められます。

 

YAKUSUは新しいゲームなので、勝ちパターンがまだ定まっていないと思います。

これを練習していけるので、プレイヤーのスキルアップにもってこいのゲームモードですね。

 

今回は、そんなミッションの進め方が分からない人のために、解き方の例を挙げて解説していきたいと思います。

 

※ ここから先の解答例はネタバレ(問題の解答)を含みますので、自力で解きたい方は閲覧にご注意ください。

 

はじめに3はつかわない ステージ

レベルは3段階のうち、1ですね。もっとも簡単なレベルの問題。

クリア率」がリアルタイムに更新される数字なのか不明ですが、91%だそうです。10人に1人は解けなかった問題、ということですね。

今回はこの問題を解いていきます。

yakusu-mission

 

序盤 – 先攻の初手を考える

自分と相手のカードは、それぞれこのような感じです。

  • 自分:3、4、12
  • 相手:2、9、18

ミッション最初

 

この手札から、先攻の自分の初手を考えていきましょう。

ヒントは、ミッション名ですね(『はじめに3はつかわない』)。

 

初手はこれかな?

ヒント通りに考えると、4か12が出せるのですが、今回は4を出してみることにしました。

ミッション初手

 

すると、相手はパスせずに最強カードの2で切ってきました。

ミッション切られる

 

2を出されるとこちらは切り返せないので、パスするしかありません。左右どちらかにスワイプしてパスします。

ミッションパスしかない

 

相手のターン

こちらがパスしたので、次は相手がカードを出してきます。

9と18のうち、今回は9を出してきました。さて、どうしましょう?

ミッション相手のターン

 

続いて、こちらがパスすると相手は18を出してこちらの負けになってしまうので、手持ちので切りましょう。これは切るしかない!

ミッションお返し

 

3も絶対に切られないカードなので、相手はパスするしかありません。

ミッション相手はパス

 

ミッションクリア

相手がパスしたので、自分のターンになりましたね。

最後のカードの12を出すと、その瞬間クリアとなります。

 

画面には「Mission Complete!」(ミッションコンプリート)の文字が出ます。クリアできましたー!!

ミッションクリア

 

違うパターン

最初に12を出してたら?

上の 初手はこれかな? では、最初に4を出しました。もし、ここで12を出していたらどうなるのでしょう?

 

この場合、結局12の次に相手は2で切り返してくると考えられるので、その後の展開は同じになるかと思います。

そして、最後に12で上がるのではなく、4で上がるようになりますかね。

 

相手が18を出してきたら?

上の 相手のターン では、9を出されました。もし、ここで18を出されたらどうなるでしょう?

 

この場合もこちらは3で返せるので、やはり展開は変わらないと予想します。

 

最初に3を出したら?

やるなと言われると、途端にやってみたくなりますよね、わかります。

 

この場合、相手はパスするので次も自分が出します。

→4でも12でも、相手は2で切る

→相手は9または18を出す

→こちらは3が無いのでどちらも切れない

→負け

という流れになりそうですね。

 

結局、このミッション問題では最初に3を出さなければ勝てる問題と言えます。

とてもシンプルに場合分けできましたが、難しい問題になるととても書き切れないと思います。

 

おわりに

ということで、論理思考ゲームアプリYAKUSUの「ミッション」モードの解答例を解説してきました。

 

YAKUSUのゲームは小学校から、中学受験・高校受験・大学受験にまで繋がってくる、重要な掛け算・割り算のスキルをゲーム感覚で向上できます。

 

受験では、応用して難しい掛け算・割り算の問題が解けることも必要かもしれませんが、YAKUSUでできるのはもっと基本的なスキルです。

でも、基本的な掛け算・割り算スキルを疎かにしていると、絶対に伸び悩む時期にぶち当たるので本当に大事ですよ。

 

そんなゲームが大富豪(トランプ)やUNO(ウノ)などのカードゲーム感覚でプレイできるので、勉強の息抜き的な感じで取り組むのが良いと思います。

日々の小さな積み重ねを続けていきましょう。

 

関連記事>>>トラを倒せ!YAKUSUアプリのシングルバトルの流れの解説。ルールもおさらい!

\小学生向けタブレット勉強アプリといえば!/
関連コンテンツ

ikki(イッキ)のプロフィールはこちら。大企業からベンチャー企業に転職系。30代の子育て世代です。明日がもっとスタイリッシュな生活になるように、今日も貪欲に何かを求めていきましょう。他人に伝えられる事って自分が実際にやった事だけ。まずは何でもチャレンジしてやってみる事が大事!湘南暮らしリモートワーカーのプログラマー。RubyやPython書いてます。器械体操・トランポリンジャグリングも大好きです。